ラピッドシリーズ

  • HOME  >  
  • ラピッドシリーズ

より自由にワイドなレイアウトが可能なシリーズ

より自由にワイドなレイアウトが可能なシリーズ

大規模な倉庫・工場の建築・建設を行う際にスペース利用を考えるうえで懸念されるのが中柱の存在です。建物の規模が大きくなるほど、内部を支える柱の必要性が増します。しかし、中柱があることで、倉庫に大きな機材の搬入がしにくくなったり、工場のレイアウトが制限されたりすることもあります。大規模な倉庫・工場などでも柱のない自由に使える空間を確保したいとお考えの方には、無柱空間を実現する「ラピッドシリーズ」がおすすめです。

こちらのページでは、高品質・低コスト・短工期のシステム建築「コアシス建築」をご提案する株式会社コアがより自由にワイドなレイアウトが可能で柱の少ない無柱空間を創出する「ラピッドシリーズ」についてご紹介します。

「ラピッドシリーズ」とは?

「ラピッドシリーズ」とは?

「ラピッドシリーズ」はコアシス建築のメリットを活かした部材の規格化を行いつつ、桁行端部の寸法設定を自由にすることにより、建物幅45mから60mまでの大スパン空間を実現しました。柱が従来の倉庫・工場より大幅に少ないため、フレキシブル性に優れており、より自由でワイドなレイアウトが可能な無柱空間となっています。桁行方向に、10tまでの能力の走行クレーンも設置可能です。

建物寸法が1mm単位で設定可能

ラピッドシリーズでは桁行間隔の端部を1mm単位まで設定することが可能です。そのため、よりお客様のご要望にあったサイズで倉庫や工場を建てられます。また、建物幅を大幅にアップさせたワイドサイズをご希望の場合は、中柱設置のCB‐1をご提案しています。中柱を採用することによって、従来は最大30.6mだった建物幅が最大60mまで対応できるようになりました。

ルーフィングシステム(屋根)
  • 【Pリブルーフ】
    【Pリブルーフ】
  • 【SSルーフ】
    【SSルーフ】
  • 【PXルーフ】
    【PXルーフ】

「ラピッドシリーズ」では、ルーフィングシステム(屋根)に特殊ファスナー外止め工法の「Pリブルーフ」や特殊ファスナー山止めビス工法の「PXルーフ」、SSクリップによる2重ハゼ工法の「SSルーフ」の3つのルーフィングシステムを採用しています。

すべて防錆性能に優れたガルバリウム鋼板を使用しており、断熱材のYマットと組み合わせることで高断熱でありながら軽さを実現しています。通常時には「Pリブルーフ」を、より温度変化への対応が必要な場合は「PXルーフ」を、「雪仕様としては高い水密性能を誇る「SSルーフ」をご提案しています。

屋根形状

屋根形状

屋根形状は雨などが降った際に両側に排水する切妻タイプの他に、片流れタイプも選択いただけます。

ウォールシステム(壁)
  • 【Vリブウォール】 
    【Vリブウォール】 
  • 【フラットヴァンド35V】
    【フラットヴァンド35V】

「ラピッドシリーズ」のウォールシステム(壁)は規格に応じて異なり、MD900シリーズは「Vリブウォール」、MD600シリーズは「フラットヴァンド35V」になります。「Pリブウォール」はガルバリウム鋼板を成型したパネルを使用し、低価格ながら意匠性に優れた外壁材です。プラスターボード12.5mmを2枚胴縁とパネルの間に取りつけることで、防火構造認定を取得しています。

「フラットヴァンド35V」は表皮材にカラーガルバリウム鋼板を使用したサンドイッチパネルです。意匠性・断熱性能に優れており、プラスターボード12.5mmの1枚の取りつけだけで防火構造にも対応します。

フレーミングシステム(鉄骨)

コンピュータで算出した理想的な形状のフレーム材です。柱に軽量形鋼、梁には軽量形鋼またはBH材(テーパー形状)を使用しています。

オプション

ウォールシステム:各種シャッター、アルミサッシ、ドア、庇など
ルーフィングシステム:換気用ベンチレーター、明かり採りなど

それぞれ目的・用途に応じてお選びいただけます。

「ラピッドシリーズ」の規格
MD900タイプ RF(リジットフレーム)またはCB‐1(中間柱1本)
建物巾W RF:11,700mm~45,000mm(1mm単位で設定可能)
CB‐1:11,700mm~61,200mm(1mm単位で設定可能)
建物長さL 18,000mm~60,300mm
桁行間隔(mm) 中間部A 端部X
5,400/6,300/7,200 最大7,200(1mm単位で設定可能)
軒高H 4,000mm~9,000mm(@100mmピッチ)
桁行庇の出 1,000mm~7,000mm(@500mmピッチ)ただし軒高の30%以内
妻面庇の出 1,000mm~5,000mm(@500mmピッチ)ただし軒高の80%以内
MD600タイプ RF(リジットフレーム)またはCB‐1(中間柱1本)
建物巾W RF:11,784mm~44,784mm(1mm単位で設定可能)
CB‐1:11,784mm~60,984mm(1mm単位で設定可能)
建物長さL 18,984mm~60,984mm
桁行間隔(mm) 中間部A 端部X
5,400/6,000/6,600/7,200 最大7,200(1mm単位で設定可能)
軒高H 4,000mm~9,000mm(@100mmピッチ)
桁行庇の出 1,000mm~7,000mm(@500mmピッチ)ただし軒高の30%以内
妻面庇の出 1,000mm~5,000mm(@500mmピッチ)ただし軒高の80%以内

コアシス建築の過去の実績を一覧でご紹介施工実績一覧